ちょっとした記事
焚き火を囲んで、郊外を楽しむ日

焚き火を囲んで、郊外を楽しむ日

5月26日(日)、小田急多摩線の黒川駅前に今月オープンした複合施設ネスティングパーク黒川で、初めてのイベント「ネスティングパーク・ジャンボリー」が開催されます。バーベキューやワークショップ、トークイベントが楽しめる1日。シェアオフィス「キャビン」の内覧会もあります。

ちょっとした記事
[ヨガスタジオ物件]かぼちゃ色のビルでレッスン開始!

[ヨガスタジオ物件]かぼちゃ色のビルでレッスン開始!

しごと終わりに少しだけ身体にいいことをしたいと願う人も多い昨今、個人でヨガやスポーツインストラクターの資格を持っている人が活躍する場はこれからますます求められていくのではないでしょうか。今回ご紹介するのは、西武新宿線、国分寺線、西武園線が交差する東村山駅から徒歩5分の建物の3F部分。コスパ抜群の物件です。

通勤時間90分~
[編集長の酒場談義]学びの次を指す、まちの変換装置/熊井晃史さん

[編集長の酒場談義]学びの次を指す、まちの変換装置/熊井晃史さん

今回酒場で語らうのは熊井晃史さん。前職は子どもたち向けのワークショップを企画運営するNPO。創業初期から関わり、プロデューサー・クリエイティブディレクターとして“教育”をテーマに最前線を走って来られました。一昨年前に独立し、新しい自分のページを刻む熊井さんにお話を伺ってみました。

ちょっとした記事
軽井沢の森で結婚式したかった…

軽井沢の森で結婚式したかった…

私ごとで恐縮ですが、2月に入籍をしました。そして、初夏に結婚式を挙げるべく諸々の準備をして“いました”。そう、過去形なのです。何故、こうなったのか。その原因を探って反省点と課題を洗い出していくと、ごくごく当たり前の教訓を学ぶことになりました。

ちょっとした記事
GWはネタ探しにLet’s Go!

GWはネタ探しにLet’s Go!

今週末からのGW、今年は例年にもまして期間が長く、さらには元号も変わることもって世間ではちょっとしたお祭りムードですね。そんな大型連休を使って、リンジン編集部もネタ探しに出かけてきます。故郷へ帰省する田中、遊園地好きな加藤、インスタ映えを狙う國廣が今気になっているスポットとは。

ちょっとした記事
春だ!祭りだ!高架下!21日開催

春だ!祭りだ!高架下!21日開催

あたたかくなってお出かけが楽しい季節。4月21日(日)、JR中央線東小金井駅の高架下でイベントが開催されます。普段から多摩地域で活動している店舗をはじめ、見どころ満載で高架下が盛り上がる1日、GW前の週末にぜひ足を運んでみてください。

ちょっとした記事
見出される多摩丘陵のポテンシャル

見出される多摩丘陵のポテンシャル

郊外への注目が集まっています。団地の再開発や都市農地の活用など、様々な分野で新たな風が吹き始めています。そのような動きの起点の一つになっているのが、電鉄各社による郊外の沿線開発。小田急電鉄が3月に開催したトークイベント「いつまで都心で働くの?郊外にある新しい暮らしと働き方」から、郊外の可能性を考えます。

通勤時間010
動き出した探究型の塾構想

動き出した探究型の塾構想

哲学対話のファシリテーター、幡野雄一さんが仲間とともに主宰する子どものための塾・ベースクールが今春から本格始動しました。講師の幡野雄一さんの生き方から見えてくる、ベースクール構想の原点とは。

通勤時間010
絵画のような美味しいクッキー

絵画のような美味しいクッキー

まるで絵画のように繊細で美しく、美味しいクッキーがあるのをご存知ですか?内なるデザインへの想いを、アイシングクッキーという表現手法に出会ったことで一気に開花させた塚越さん。常に新しい表現を追い求める姿をご紹介します。

通勤時間1030
地域デザインを冒険する2つの場

地域デザインを冒険する2つの場

調布市に住まいを構え、デザイナーとして地域に根ざした活動を続ける古田裕さん。2つの“場”を持つことで、アートワークや働きがいにも相乗効果が生まれているといいます。

PREV1...23456...20NEXT

そばで はたらく