ちょっとした記事

週3日、飲みに行く

独立して2年目。勢いと思いで走り出した創業でしたが、1年が経ち、事業の壁にぶち当たって血まみれ(笑)になっていたとき、ある方にアドバイスを受けたのが “週3日飲みに行く” ということでした。

その言葉を信じて、自分のノルマと課したのですが、いざやってみようと思うと意外に難しい。サラリーマン時代には、同じ職場ではたらく仲間がいましたが、1人で起業する場合、誰にも会わずに一日が過ぎてしまうこともしばしば。
そこで、新しいコミュニティに勇気を出して飛び込んでみたり、 少しでも気になったイベントには積極的に顔を出してみる、といったことにチャレンジ。今、振り返ってみると、この時に出会った人たちのおかげで、事業の基礎が築けたように感じています。

事業を起こすとき、きれいな事業計画書を書くことよりも、“どんな人とどんな関係性を築くのか”、ということの方が大切なのかもしれません。しごとは人が生みだすもの。これから、新しいしごとを生み出そうと思っている方、“週3日飲みに行く” オススメです。(北池)