ちょっとした記事

おしえてリンジン先生!! vol.4 移動販売をはじめたい

先生、こんにちは。


こんにちは。アオナさん、今日はどうしたの?

実は、最近ハンバーガーづくりに
自信がついてきたからお店をはじめたいなって思って。
最近キッチンカーっていうのを知ったんだけど、
それなら安くて始められそうだなって。

アオナさんのベジタブルバーガーは
絶品だからね。きっと人気が出ると思うよ。
お店を開こうとすると、
改修費とか毎月の家賃とかコストがかかるから、
その辺りは考えておかなくちゃね。

そうなの。親が乗っていた軽自動車が使われてないので、それを使って販売できないかなって思って。でも何からはじめたらいいかわからないの。おしえて、リンジン先生!
それはちょっと難しいかもね。
衛生面の事故があってはいけないから、
使う車にも色々ルールがあるんだ。
たとえば、
運転席と調理場が仕切られているか、
給水タンクや排水タンクは設置されているか、
容量は充分であるか、
シンクの数は充分であるか、
換気はしっかり考慮されているか、
など一般車をそのまま使って
販売できるわけではないんだよ。

やっぱりそうなんだね。
シンクや換気を考えると、
自分で工事するのは難しそう。
やっぱり専門業者にお願いするしかないのかな。

そうだね、それがいいと思うよ。
あとは、どこで販売するかも決めないとね。

人通りの多い道路に停めて
やろうと思っていたんだけど。

うーん…
道路で商売するのはかなり難しいんだ。
公道を使う時は、
基本的には警察署から
使用許可をもらう必要があるんだよ。
お祭りなど行政が絡んでいる場合は
許可されることもあるんだけど、
一個人が申請しても
許可はもらえないと考えた方がいいよ。

そっか。
確かにみんなが渋谷のスクランブル交差点に
車を停めて営業したら大変なことになりそうだね。
でも、じゃあ、みんなどこで販売しているの。

たとえば、
イベントなどに出店するというのが一つだね。
神社や公園などを使ったマルシェなどに
出店料を払って営業するとか。

他には?
私有地を借りて販売するという選択肢もあるよ。
知り合いの軒先などを借りることができそうなら、
定期的に使わせてもらうのもありかもね。

そういう知り合い、いないなあ。直談判していくしかないのかな。
それも一つの方法だね。
あとは、営業場所の仲介を
してくれる業者もあるんだ。
オフィスビルの広場や
スーパーマーケットの駐車場など、
キッチンカーに入ってもらいたい側と、
営業場所を探している側を
つなぐ役割をしてくれるので、
そういったサービスに登録しておくと、
営業場所を紹介してもらえるかもしれないよ。

なるほど。色々なサービスがあるんだね。
うん、最近だと、レトロな車を使って、
クラフトビールの移動販売を行っている人や、
大きなワゴン車を改装して
全国各地を旅する移動本屋さんをしている人もいて、
注目を集めているんだ。
お客様がいるところに出向いて販売するスタイルは、
これからも大きな可能性が広がっていると思うよ。

そっか、レトロな車とかだと、インスタ映えもしそうだね。でもキッチンカーって、やっぱりお金がかかりそう。もっと安くはじめる方法はないのかなあ。
そうだね。
あとは屋台やワゴンでの製造販売かな。

それなら価格を抑えてはじめられそう!
うん。行商と言ったりもするけど、
子どもの頃、夕方になるとお豆腐屋さんが
汽笛を鳴らしてリヤカーを引いて来なかったかな。
あれのことだね。

福岡の中洲の屋台も有名だよね。
ラーメン屋さんとか。

うん、
でも自治体ごとにルールが違っていて、
行商で製造販売できるものには、
かなり制限があるんだ。
たとえば、東京都だとラーメン屋さんの
屋台はできないんだよ。
自分がやりたい業種ができるかどうかは、
管轄の保健所に問い合わせないとね。

そっか。
あとは、営業許可が取れた
製造場所で調理したものを、
ワゴンや自転車で販売するかだね。
都心のランチ難民に向けて、
路上に弁当販売するワゴンが並んだりしているけど、
そういうやり方もあるよ。

なるほど。シェアキッチンとか気軽に始められる施設もあるし、
そういった場所で作ったものを
リアカーで販売する、
というのも現実的なのかも。
一度、アイデアを練ってみるよ。
ありがとう、リンジン先生!

うん、頑張ってね。