ちょっとした記事

レンガが映える富士見通り路面店|国立

レンガが映える富士見通り路面店|国立

国立駅から徒歩7分。老舗から新しいお店まで雰囲気の良い個人店が立ち並ぶ、富士見通りにある2階建の売買店舗。レンガが映える、視認性も高いこの場所を拠点に、店舗や事務所を開きませんか。[売買]

【まちのインキュベーションゼミ#6 連動企画】あの人の、お店づくり解剖

【まちのインキュベーションゼミ#6 連動企画】あの人の、お店づくり解剖

お店づくりをテーマにした「まちのインキュベーションゼミ#6」が、7月30日からスタート!リンジンでは「あの人の、お店づくり解剖」と題して、まちに愛されるお店づくりを実践している方々に取材。お店づくりのヒントになる記事を連載します。

編集部のおすすめイベント「7月」

編集部のおすすめイベント「7月」

異常な早さで猛暑が訪れた今年の夏。暑さに負けず、地域と関わる活動に足を踏み入れてみたり、アートやイベントを楽しんだり、“熱い”夏にしませんか。編集部が気になっている7月のイベントをご紹介します。

多摩とつながる拠点が6月誕生!

多摩とつながる拠点が6月誕生!

6月、JR中央線立川駅南口に新施設がオープン。その名も「CotoLink(コトリンク)」。新たなにぎわいの創出と多摩の魅力発信を目的とし、1Fには「NOWCAL BAZAR」などの物販・飲食スペース、3Fには「BALL.HUBたちかわ」が入っています。オープンしたばかりの現地をリポートします。

一年後、実家が空き家になる?

一年後、実家が空き家になる?

国土交通省の空き家の定義は「1年間使用実績がない」こと。例えば、高齢の父母が施設や病院に入り、1年以上実家に誰も住んでないことはよくあるケースです。空き家は誰もが他人事じゃない時代に、どんなことを心得ておけばよいでしょうか。

我が家の自慢したいリビング|武蔵小金井

我が家の自慢したいリビング|武蔵小金井

壁一面に敷き詰められたガラスブロックから、やわらかい自然光が入ってくるリビング。天井の木枠やライトなど、デザイン性のある内装に仕上がった戸建をご紹介。外観や他のお部屋も、ぜひご覧ください。[賃貸]

編集部のおすすめイベント「6月」

編集部のおすすめイベント「6月」

2022年の上半期、最後の1ヶ月。屋外でのマルシェや大規模な催しも、コロナ禍による中止を経て少しずつ復活してきているようです。編集部が気になっている6月のイベントをご紹介します。

コロナ禍で変化する、郊外と創業

コロナ禍で変化する、郊外と創業

コロナ禍で初めての緊急事態宣言から2年が経ち、はたらき方や創業のスタイルにも変化が。郊外の創業者の実態をまとめた、「郊外創業白書2022」「シェアキッチン創業白書2022」が公開されました。

名物ビル最上階からまちを見渡す|武蔵小金井

名物ビル最上階からまちを見渡す|武蔵小金井

小金井市民に長く愛されているシャトー小金井は、商店街、スポーツジム、マンションからなる複合施設。今回、ご紹介するのは歴史を感じる風貌が印象的なマンション部分です。[売買]

誰のものでもないお醤油?

誰のものでもないお醤油?

“共有”や“シェア”という言葉は、この10数年の間に、時代を象徴するキーワードになりました。今回ご紹介するのは、「誰もが自分の居場所を確保できるような共生社会」を目指し、共有と私有を考察する一冊です。

PREV1234...21NEXT

そばで はたらく