【求人/武蔵野市役所】まちへの愛と誇りを育むプロ広報

2024.05.10
【求人/武蔵野市役所】まちへの愛と誇りを育むプロ広報

武蔵野市でシティプロモーションを支える、広報戦略アドバイザーを募集しています。武蔵野市で初めての広報専門職の募集!広報の専門的な知識や経験をお持ちで“我こそは”と思う方は、このチャンスを活かしてみてはいかがでしょう。

多摩エリアと都心を結ぶ東京の“芯”であり、住みたいまちではいつも名前が挙がる武蔵野市。人口は15万人近くで、新しい商業施設からハーモニカ横丁などの古き良き商店街が混在しています。井の頭恩賜公園をはじめ公園や緑も多く、映画館やギャラリー、ライブハウスなどの文化・芸術施設も集結。「市民参加の武蔵野市方式」でも注目され、1971年の第一期長期計画を起点に、当時珍しかった市民参加のまちづくりが始まったまちでもあります。こうした中で、元祖コミュニティバス「ムーバス」をはじめ、ユニークな施策を全国に先駆けて展開してきました。そんな先進的で個性的な武蔵野市で、広報戦略アドバイザーとして活躍できる外部の人材を募集しています。

募集の目的は、市民が求める市政情報を分かりやすく正確に発信し、ライフスタイルの多様化やデジタル技術の発展など社会環境の変化を踏まえて、適切な方法でより親しみやすい情報発信を強化すること。「外部の専門家の視点からアドバイスをいただきながら、一緒に『伝わる広報』を推進していきたいので、ぜひ専門家の皆さまの力をお貸しください」と、武蔵野市役所の吉崎さんは言います。

例えば、市報やホームページ・SNSなどで効果的な情報発信をアドバイスしたり、武蔵野市の魅力とブランドを向上させるための戦略を検討したり、庁内で情報発信をテーマにした研修を行ったり。伝わる広報を通して、まちへの愛と誇りを育み、さらに魅力的な武蔵野市をつくっていく仕事です。

月4日(週1日程度)勤務で副業・兼業もOKの今回の募集。これまでの広報経験やスキルを存分に活かし、“我こそは”と思う方は応募してみてはいかがでしょうか。

募集概要

所属

秘書広報課広報担当(広報戦略アドバイザー)

主な職務内容

・本市の広報に関する現状把握・評価
・庁内各課の広報活動(事業周知)の相談・支援
・庁内研修
・シティプロモーションの推進に関するアドバイス

申込期間

令和6年5月7日(火)から6月7日(金)まで

応募資格

次のいずれにも該当する方
・地方自治体における広報に関する事務若しくは指導及び助言業務の経験を有し、又は民間企業等において広報に係る職務経験を5年以上有すること
・地方自治体における業務及び広報事務に精通していること
・市の広報活動の実効性を向上させるための広報及びメディア対応に関する高度な専門知識及び経験を有し、かつ、プロジェクトリーダー等の経験を有すること(プロジェクトの規模及び内容は問わない。)
・健康であり、かつ、熱意及び誠意をもって職務を遂行する意思を有すること

任用期間

令和6年8月から7年3月まで
・勤務開始日は、8月から9月の間で応相談
・会計年度ごとの任用で、更新の可能性あり

身分・報酬

非常勤特別職(兼業・副業可)/ 月額12万円(交通費含む)

勤務時間

月4日(週1日程度)、午前9時から午後5時まで
・勤務日は応相談。月2日以内でオンラインも可
・土・日曜、祝日及び年末年始(12月29日から1月3日まで)を除く

選考方法

書類選考、面接

305view
Loading...