ちょっとした記事

ヘリンボーン床が迎える路面店|国立

JR中央線の国立駅南口を出て徒歩5分、旭通りに面した店舗物件。4階建の1階部分が今回ご紹介する物件です。ガラス面のみでできた出入口と窓からは室内が一望でき、こだわりのヘリンボーン床を活かせます。[賃貸]

過去に衣料品店が入っていたということから、内装のセンスと外からでも店内を眺められる間取りに納得です。

国立駅南口を出て北西の方向にあるのが「旭通り」。駅と直結する大きな道路は常に車や人通りが絶えず、目の前にはバス停もあるため、立地や利便性も良さそうです。コンビニエンスストアや大手のコーヒー店などに混じって昔ながらの飲食店、電器屋、楽器店など個人店も並び、国立らしい雰囲気も感じられます。

全面ガラスの物件の正面は、通りががる人たちの目にも留まりそう。

ガラス窓に向かって設置されたスポットライトも。商品を並べると映えますね。

室内は約70㎡の仕切りのないワンフロア。この特徴のある床面は、ヘリンボーン床と呼ばれています。V字型にはめられた木の板が開いた魚の骨に似ていることから「ニシンの骨」=Herring bone(ヘリンボーン)と名付けられたそう。この1面に張られたヘリンボーン床が大きな窓の外からも見え、それだけで店内の雰囲気を作り出しています。

壁上部にも窓があり、部屋の奥まで光が入ってきます。

物販店舗として広々使うのはもちろんのこと、手前を店舗スペース、奥をオフィスにするといった店舗兼事務所として使ったり、カフェスペースや打ち合わせスペースを作るにも十分な広さです。

天井と壁の白、ヘリンボーン床の茶、キッチン床の淡い青のコントラストが柔らかみのある部屋の印象にしてくれています。

キッチン周りは引き出しや吊り戸棚といった収納スペースがあります。

ワンフロアの間取りに収納場所はほとんどないかと思いきや、建物の裏側にはちょっとした屋外スペースがあります。物置としても使えそうですが、植物などを並べ小さなお庭として空間を作っても良さそうです。

国立から徒歩5分と好立地に加えて、自由度の高いワンフロアとデザイン性のある床材。どんなお店作りにしようか、どんな空間を作ろうか、想像が膨らみますね。

内覧をご希望の方は、画面右上のCONTACTからお気軽にお問い合わせください。

物件情報
賃料26万円(税込28.8万円)保証金6ヶ月分礼金1ヶ月分(消費税別途)契約期間3年入居時期相談使用部分面積69.42㎡所在地東京都国立市東1丁目18-6交通JR中央線国立駅 徒歩5分建物構造鉄筋コンクリート・鉄構造4階建築年数1982年10月(築39年)管理費8,000円(税込 8,888円)設備公営水道、東京電力、東京ガス、トイレ(残置物)、シンク(残置物)備考カラオケ・飲食店不可(軽飲食相談)
更新料新賃料の1ヶ月分(3年毎)
解約通知3ヶ月前、明け渡し時スケルトン戻し条件
中途解約時保証金の20%償却
内装設備・什器備品は全て借主負担にて維持管理
取引形態媒介情報登録日2021年3月9日取材日2021年5月20日情報更新日2021年6月25日株式会社タウンキッチン
東京都小金井市梶野町1-2-36
0422-30-5800
東京都知事(1)101857号
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。

内覧希望・お問い合わせ

TEL 0422-30-5800
MAIL info@town-kitchen.com

住居・店舗・事務所物件のご紹介
理想の働き方、暮らし方を実現できる物件をお探しします。まずはお気軽にご相談へお越しください。
https://here-kougai.com/program/property_syoukai/

空き物件を巡るまち歩きツアーや、空き家・空き地の利活用のご相談もお受けしております。詳しくはHEREホームページをご覧ください。
https://here-kougai.com/property/