NEW
ちょっとした記事
編集部のおすすめイベント「10月」

編集部のおすすめイベント「10月」

まちの景色が赤、黄色、オレンジに染まってきた季節。みなさんの秋に楽しみなことはなんですか?夜風を浴びに散歩をしたり、芸術や本に触れてみたり。温かみを感じるこの季節は、興味を惹かれていたモノ、コト、場所に踏み入れてみては。編集部が気になる10月のイベントをご紹介します。

通勤時間010
母と犬、私で始める地元カフェ

母と犬、私で始める地元カフェ

2022年3月、調布市にオープンしたカフェ「Paston(パストン)」の店長・小黒奈央さん。実家のそばでカフェを開くことを決めた背景には、お母さんと愛犬という家族の存在がありました。

ちょっとした記事
【ワークゼミ&コンテスト NEW WORKING 連動企画】福生・昭島の実践者たち

【ワークゼミ&コンテスト NEW WORKING 連動企画】福生・昭島の実践者たち

福生市・昭島市の新しいビジネスを創出する、ワークゼミ&コンテスト「NEW WORKING」の募集がスタート。その連動企画として、リンジンでは福生・昭島市でユニークなお店やサービスを手がけている方にインタビュー。事業アイデアのヒントを探ります。

ちょっとした記事
まちに愛されるお店づくり ゼミ#6初回レポート

まちに愛されるお店づくり ゼミ#6初回レポート

7月30日にスタートした、まちのインキュベーションゼミ#6「お店づくり」。その1ヶ月後、アイデアをカタチにするリーダーが選出され、現在実践に向けて動き出しています。こだわり、好き、経験、課題意識から生まれたリーダー6人のアイデアをご紹介します。

ちょっとした記事
農園の主がつくった、やなぎ荘|東久留米

農園の主がつくった、やなぎ荘|東久留米

人とも、地域とも、ちょうどいい距離感でふれあう家ができました。オーナーは、江戸時代から続く花農家、秋田緑花農園の秋田さん。駅から徒歩3分、全6戸の「やなぎ荘」には、住民たちのコモンスペースがあります。東久留米で居心地のいい暮らしを。[賃貸]

通勤時間010
手工業デザインと流通をつくる

手工業デザインと流通をつくる

暮らしを支える、さまざまな生活道具。吉田守孝さんは、日本を代表するプロダクトデザイナーである故・柳宗理氏のもとで、20年以上に渡ってともにはたらき、2011年に独立して小金井に拠点を構えました。道具の作り手と使い手に向き合い、長く愛されるデザインを生み出す吉田さんのおしごととは?

ちょっとした記事
編集部のおすすめイベント「9月」

編集部のおすすめイベント「9月」

ここ数日で、急に秋の気配を感じるようになりましたね。季節の変わり目は、新しい物事を学んだり取り入れたくなるもの。ぜひ編集部が気になっている9月のイベントを参考にしてみてください。

ちょっとした記事
窓が広がる駅近50坪をどう使う|武蔵小金井

窓が広がる駅近50坪をどう使う|武蔵小金井

小金井街道の緩やかな坂に建つ、窓が広がる2階全体が今回ご紹介する物件。菓子店などの名店が集まる武蔵小金井駅から徒歩4分の立地で、飲食店を含め様々な用途が可能。約50坪の広さを、あなたならどんな間取りで、どう使いますか?[賃貸]

ちょっとした記事
職業は何かと問われたら

職業は何かと問われたら

「あなたの仕事は何ですか?」こう聞かれたら、何と答えますか?今回ご紹介するのは、大卒でも大手出身でもない非エリートの成長物語を通じた、これからの時代を生き抜くヒントとエールが詰まった一冊です。

通勤時間010
[となりのお宅訪問]9坪の家から、9坪の宿へ

[となりのお宅訪問]9坪の家から、9坪の宿へ

三鷹の住宅街の中にひっそりと建つ小さな家。原型は、建築家・増沢洵さんが1952年に建てた「最小限住居」。一家4人の萩原家が暮らしたこの家は、「日常を旅する宿」として生まれ変わりました。

123...38NEXT

そばで はたらく